感情は消せない。

タイトルどおり。
「感情は、消せないな」と思った。
怒り、悲しみ、その他なんだかんだ、
ときおり激しい感情に心が占有される。
そんなとき、「怒っちゃダメだ」「泣いてちゃダメだ」と思って
その感情を、抑える。
……でも、「その感情を抑える」ことは、
「感情をなかったことにする」ことには
絶対まったく、ならないのだ。
感情に於ける質量保存の法則、と思っている。

飛躍して、「式神」のことを思う。
術者が第三者に向けて式神を攻撃手としてさしむける。
成功すれば相手を倒すなり何なり、できる。
でも失敗したとき、式神は術者のところに帰ってきて
術者を攻撃することになる。
人を呪わば穴二つ、というか
それだけの覚悟がないと式神を使うことは
難しいのだ、とかそんな話だと思っている。

で、「感情」。
感情も、この式神と一緒で、
「その力のやり場を失ったとき、
消えるのではなく、ほかに代替するのだ」
と思う。

怒ったとき、その怒りを押し込める。
でも、怒りの力はなくなることがない。
それは別の形になって何かに向かい、
「代わりの何か」を傷つける。
誰かに対する八つ当たりだったり、
物に対する破壊衝動だったり、
自分に対する自傷だったり。

悲しみだって一緒だ。
「怒り」よりわかりやすい形ではあらわれないけれど、
押し込められた悲しみは、他の何かに別の形で代替する。
大掃除をはじめる、とか、仕事に熱中する、とか、
そういう「代替」に、そういえば覚えはある。

代替することが、よくない、とはいわない。
そのほうがいいことも、あるだろう。
敵討ちみたいなことで代替してしまうのは、
みんながみんな、辛すぎる。
誰にも彼にも、不幸を招く。

大事なのは、自覚だ。
「私はこの怒りを、これに代替している」
「私はこの悲しみを、これで代替している」
そう自覚的に行えば、激しい感情は代替によって
昇華し、消え去ることができる。
ちゃんと整理し、コントロールすることができる。

それらが構造的につくられてきたものが、
「お葬式という儀式と様式」であったり
「裁判」とかであったりするのだろうと、思う。

どうしようもないものは「代替」によって
昇華するしかないけれど、
人に不幸の連鎖を生まないものであれば、「代替」などしないで
シンプルに「そのまま消化」するのがいちばん。

いちばん根源的で個人的なものが、
「泣きたいときは、泣く」
「怒りたいときは、ちゃんと伝える」
という行動なのだろうと思う。

消化も昇華もしきれないものを蓄積していくと、
ちいさな式神たちが巨大なばけものになって
自分を食い尽くしたり、人を凶暴に害したりするのではないか。

それが自殺であったり、無差別殺戮であったり。


……世界平和のためにできる
「ひとりひとりの小さなこと」とは、
自分の感情を素直に受け止める、という
とてもシンプルなことの継続なのだろう。きっと。

「怒りや悲しみは水溶性」というようなことを
とある女優さんが言っていたので、
ひとしきりめそめそしたあとは
お風呂で水に溶かしてくることにします。

睡眠とお風呂こそは、日にち薬の正体だと思うところ。
睡眠だけじゃ何か足りないのだよね。


emix | 表現 | 09:45 | comments(0) | - | - | - |

石牟礼道子さん追悼。

作家の石牟礼道子さんの逝去を受け、
昨日の新聞、天声人語で紹介されていた内容を
忘れたくなかったので、覚え書き。
 
石牟礼さんが水俣病患者の方たちと運動していた頃に詠んだ句
「祈るべき 天とおもえど 天の病む」

敬意があるからこそ、失わないからこそ、
深くただよう、悲しみと憤り。

もう一つ、石牟礼さんが水俣の人たちから学んだ哲学
「迫害や差別をされても恨み返すな。のさりち思えぞ」

のさりとは、天から賜ったもの、の意味。豊漁がのさりなら、
病苦もまたのさりであり、「のさりち思えぞ」」とは
「たまものだと思え」ということ。


……なんだか、本読みとしては、十二国記のことを思い出しました。

天はある。天は人を救うこともある。
でも、天が病んでいることも確かに、あるのではないか、と。
泰麒を助けてくれない天への、李斎の深い嘆き。
でも、当の泰麒は「自力でできる範囲のことを尽くすのみ、
そうでないものを果たして民は信頼してくれるだろうか」と
いうようなことを言い、天への恨み言を言う李斎を窘める。

この作品の中でも、結論の出ていないことだけれども、
結局、それでも明日は来る、進むしかない、良くも悪くも……
ということしかないのかな、と思います。
(そして「天意」と「人びとの心」は案外、
同一の根に連なるもののように思います)

死んだ歴史の残したものは
輝く今日と また来る明日
他には何も 残っていない
他には何も 残っていない

この歌も思い出したり。

もう一つ、石牟礼さんのことばの記録。

「患者さんは病状が悪いのは魚の供養が足りないからと考える。
岩や洞窟を拝んだりする」
「それを都会から来た知識人は無知で頑迷だと言う。
私はそうは思わない。患者さんたちは知識を超えた
野生の英知を身につけています」

本当に、そう思います。
無知の知、ということばがあらわすように、
自分に知識がある、ととらわれることは、
自分のまだ知らない知識に対して愚かになるということであり。
emix | 表現 | 05:59 | comments(0) | - | - | - |

IF

選ばなかったもの、
そっちの目が出なかったもの、しなかったこと、
そんな、生まれなかった・実現しなかった物事たちのある
「IF」を時々考える。

詮ないことと思いつつ、ナンセンスなことと思いつつ、
しかし無意味なことではないと考えながら。

で、思いめぐらせていると、その途方のなさにくらくらする。

それだけのことで特に含みはありませんが、
ふと、「将棋で先の手を読む」ことに似ている気がしました。
emix | 雑記 | 14:45 | comments(0) | - | - | - |

とある映画の感想。

撮影中も、公開開始も話題になってた
地元が舞台のとある映画。
おもしろいよー、と聞いていたのだけど、
見たい見たいと思いつつタイミングを逃し続けて
ようやく、じわじわと見終わったところ。

でも、すごく、困っちゃった。
よかったところをピックアップして、
「よかった」って言うのはかんたん。
実際、「ああ、いいなあ」って思ったとこもあった。
だけど、「ありえない設定」「矛盾する表現」は、
物語世界の根底をくつがえしてしまって、
「ああ、これ、作り話だったっけな」と
冷めた目になっちゃって入り込めなくなっちゃう。

残念。
個人的には、偏執狂的に
ディテールが「注意深く」作られた作品が好きです。
見えない部分、描かれていない部分もイメージで補完できるような。

なんというか、作家や、監督は
その作品世界を好きに左右できる
「神」のような存在ではなく、
その作品世界の存在を知り、人に伝えることができる
「伝道師」のような存在である、と思っています。

なんだろうな、作品世界への敬意?
ごにゃごにゃ、考え中。
emix | 映画 | 05:56 | comments(3) | - | - | - |

決意表明

メモ。
決意表明とは未来への抱負だ。
だから、人が決意表明するときその人は「それ「を持っていない。
つまり、立派な決意表明ほど「ないものを強くアピール」になっている。

でも、決意表明したとき、けっこうそれだけで
「何かをやった気になっちゃう」ことが往々にしてあって、
それが、ちょっとあやういものだという気がするのです。

三日坊主の正体も、これのような気がします。


触発元
「Lesson793  ねじれない表現」
http://www.1101.com/essay/2016-08-24.html
emix | ネット | 05:53 | comments(0) | - | - | - |

WIN10で、PDFファイルを今までどおりに開くように戻す方法。

自分の作業の備忘を兼ねて、win10に翻弄されているお仲間にシェア。

「pdfが勝手にMicrosoft Edgeで開くようになっちゃったんで、
Acrobat Readerに戻したいのにpdf書類を今後ARで開く、って設定しようとしたら
『できません』って拒否られた。何」というケース。


左下の窓マーク→設定→システム→規定のアプリ→ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ
→.pdfの項目がedgeになっているのをAR(または自分が使ってきたほかのやつ)に選択し直す→おしまい


単に、pdf書類をAcrobat Readerで開いたときに
「今後pdfをこっちで開く?」というとこで
OKしても変更ができない、というのが
ちょっとあさっての方向への進化をしたところ。

ちなみにブラウザがIEだったのにいつのまにか勝手にEdgeになってた、
というケースもこれと同じルートで変更できます。

というか、Edgeのロゴを見て当初
「あ、これはIE新バージョンのロゴなのね」と
誤解をしちゃったのですよね。
これも微妙に要注意、って感じです。
emix | TIPS | 22:16 | comments(0) | - | - | - |

IEが「プログラムのアンインストール」からしにくくなっている件。

FIREFOX使ってるし、IE入ってるけど使わないから
更新プログラムが入ってくるのはムダだなあ、と思って
削除しちゃえ、と古来からの手段(コンパネ→プログラムのアンインストール)で
削除しようと思ったら、IEが、ない。あれー。

どうやら、なんか組み込まれたかなんかで隠れたとこにいっているみたいです。
グーグル先生に聞いたら知恵袋を紹介され、それで解決したので備忘にメモ。
まったく、こういうことするからMS製品はついつい疎遠にしてしまうよ……。

------------


スタートボタン→コントロールパネル→プログラム→
プログラムと機能→左にある「Windowsの機能の有効化または無効化」
→ポップアップが開くので「Internet Explorer 11」のチェックが入っ
ているので、そのチェックを外す→OK
左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック→
「Windows Internet Explorer11」をアンインストール→再起動する

--------
出典:
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14119786104
emix | TIPS | 11:24 | comments(1) | - | - | - |

ほねおしみ。

更新ストップに特にネガティブな理由はなかったのだけれど、
ふと見返したら、さみしい系の記事で止まっているのはよくないな……と思って、少し、更新。
さみしいことはあったけど、それはそれとして、いいこともいろいろあるのでげんきです。


ほぼ日刊イトイ新聞、昨日の「今日のダーリン」。
この方の書く文章はいつもとてもすきなのだけど、
何がいいのかとぼんやり考えてたら、つまり、
「人を動かしてやろう」というシタゴコロが見えないからなんだな、と思いました。

「言葉を素直に聞けるくふう」。
いいものの中にあるのは、テクニックよりもマインドで。
結局、人と人との対話と同じことだなあと。

「骨惜しみしない」ということばが
とても魅力的に見えた日。


-------

・なにを、どうすればうまくいくのか?
 いろんなことで、よく質問されます。

 ぼく自身の、なにがどううまくいっているのか。
 それとも、なにかがどんなふうにうまくいってないのか。
 あんまり意識してないような気がします。
 ただ、ぼくも「うまくいってる」ものに興味はあります。
 だれだって、そうでしょう。

 いまイチロー選手が、ヒットを打ち続けています。
 ここ何年かのトンネルを抜け出たみたいです。
 どういうことで、そうなったんだろう。
 いやもっともっと遡れば、
 イチローという選手はどうしてイチローになったのか。
 みんなが知りたがってきたし、多くの人たちが、
 それぞれにいろんな答えを想像してきています。
 
 ある業種のある会社が、とてもうまくいっている。
 同じように見える別の会社は、うまくいってない。
 また別の会社は、どっちとも言えないような感じ。
 だれだって思いますよね、どうしてなんだろう。
 うまくいっている会社にあって、
 他の会社になかったものとはなんだろう。
 それをタネにして、ビジネス本がたくさん出ます。
 
 あるいはまた、すっごくモテてる人がいます。
 そうでもない人とか、モテない人もいます。
 モテてる人は、どうしてモテてるのか。
 そういうテーマの雑誌やら書籍やらも、山ほどあります。
 
 いろんな局面で人は、だれがどうしてうまくいったのか、
 ひっきりなしに考えてきているのです。
 その推理や想像そのものが愉しみでもあるし、
 そのことがわかったら、じぶんもうまくいきそうですし。
 
 ずいぶん長い前置きをしましたが、ぼくはもう、
 わかったと言っていいんじゃないかと思うのです。
 これが鉄則だと思いますし、これでいいんじゃないか。
 「とにかく、骨惜しみをしないものがうまくいく」
 この一行のために、骨惜しみせずに39行ほど書きました。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
骨惜しみしないとは、すなおに、すぐに、すっとやる‥‥。 

emix | 雑記 | 06:10 | comments(0) | - | - | - |

軽々と訪れる死、その命の「軽くなさ」。

先日、それまで健康万端、元気横溢にはずんでいたいのちが
瞬時に失われてしまう事故現場に居合わせた。

悲しいとかより先に、
あまりの、その訪れの簡単さ、軽さに、
しかし、いなくなってしまったものの存在感との不釣合いさに
呆然としていた。
こんな、重大なものが、あっけなくゼロになってしまうのか、と。

なんだか派生して、
たぶん、空襲を受けたときに生き残った側の人は
こんな感覚なのだろうと思った。
私の居合わせた場所は戦場めいた場所ではなかったけれど、
明るい日差しと楽しい時間の中、という場に訪れた突然の惨事に、
夏の日差しの中で鉄の雨に打たれて……という「さとうきび畑」とか、
夏の真昼に爆撃を受けた、「夏の葬列」のヒロ子さんのこととかを
連想をしたのだと思う。

そんなことを考えていて、さらに連想したのは
漫画「夕凪の街 桜の国」。

生き残ること、死ぬほうに選ばれなかったこと、
そこに、意味を考えはじめている。

積極的に「死なないようにしよう」という努力をしていなかったくせに、
訳もなく大丈夫だったということへの、薄く淡い罪悪感。
その薄さ淡さゆえの、居心地の悪さ。

ごめんなさいでも、ありがたいでもない、
なんともいえない不定形な気持ちが、
「ここに意味を見出さなければ」という方向に
心を動かしている。

ひとの感情というものは、不思議だなと思うことです。
emix | 思うこと | 17:44 | comments(0) | - | - | - |

続・10月9日に読み始めると味わい深い本。

10月9日に読み始めると味わい深い本。
http://blog.emix-express.com/?eid=336
の、続き。

おもしろいよなあ、読んだ人まわりにいないし
ネットの感想を見てみよう、と思って検索したところ、
あれれ、案外印象の違う人が多い、とびっくり。
いわく、「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」
などなど。

一瞬むっとして、あ、と思った。
そして、作者のにやりとした笑いが見えた気がした。
そうか、そういう作品か。

たぶん、この物語の読後に感じる「こわさ」の本当のウェイトは、
猟奇的な事件やそういうことを行う人間の存在のほうではなく、

作中で「謎を解明していく謎解き役」である式部さんが感じる
「この島の人間は、決して余所者に本当のことを言わないのだ」
という思い。そして、彼はそれを感じたはずなのに
表面上では、ちゃんと島の人と会話は成立していく=
そこそこのコミュニケーションはとれていく中で、
「いつのまにか彼らの言うことを信じていた」という
「何が本当かわからない」という、感情の「迷子感」

…のほうにあるのではないかな、と思います。

そして、その「不信」の関係は、
島の人と余所者(式部さん)という関係だけでなく、
登場人物たちと読者たる自分、の関係にまで広がっていく。

終盤、とある、第二の謎解き役である島の人によって語られる、
「これは確定事項で疑念をさしはさむ余地はありません」という言葉、
「本人の証言を待たなければわからないことを訊ねないでください」という言葉。

もちろん、「事実」として作者が書き記す内容に嘘があることはない。
だけれど、「この登場人物の推理が正しい」と、どうして私たちは信じてしまったのか?
そこに、信用に足る根拠はないことに気づかされる。


そしてもうひとつ、「罪と罰の辻褄が合ってしまうとそれ以上考えなくなる」という
心理装置の存在。それを「余所者」としてはじめはおかしいと思っていた式部さんが
それに思い切り巻き込まれることで、同じ場所にはまってしまうこと。

同じく、第二の謎解き役による、
「すべての条件を満たす犯人はこの人しかありえません」という推理。
しかし、その「犯人」は、この第二の謎解き役の人の知らないところで
犯人が言うはずのないことをぼそっと言っているシーンがある。


それによって、「犯人はこの人で、トリックはこういうこと」と示されたものが
「謎とトリックの辻褄が合っただけで、それが真実とは断定できない、と気づかされる。

これらのことによってラスト、すべてが解決したと思ったところで
「信用できるのは、自分がちゃんとした観察眼で判断したこと、自分が直接見聞きしたものだけなのだ」
という振り出しに放り出されてしまう。カタルシス据え置き。


だから、ネットで見かけた「違う印象」は、ある側面から、正しい。

「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」

そう。もっと面白いはず。……だって「最後」までまだ読んでいないのだから。
犯人が簡単にわかった、意外性がない。……うん、そこ、ひっかかる。
推理に無理がある、トリックの必然性が薄い……「謎解き役」が語る推理が正しくない、
トリックが正しくないとしたら?
だってそもそも式部さん、「自分は探偵みたいなことをしているけれど、探偵じゃない」と
最初から自分の立ち位置を明らかにしているわけで、ここでも「振り出しに戻される」感。

と、いうことなのだと感じます。
おもしろい。うおお。

もう何度読み返したかわからないくらいですが、
今のところ、私の中で「第一の犯行」の犯人と「第二の犯行」の犯人は別の人で、
第一の犯人はあの人で、第二の犯人は、その人をずっと観察していたあの人で。
その仮定の上、そもそも、謎の基盤となっている「黒祀」の
「語られていない部分」を探し出して補完しつつ、
まだ、ゾクゾクしながらこの本を楽しんでいます。

今のところの最大のゾクゾクは
「この祭祀のありかただと「それ」が重複して存在する時代があり得、
その結果「それ」が野に放たれる可能性がある」というところ。
また、この家に生まれたときに「それ」のことを聞かされるわけで、
ある意味、とある衝動への免罪符を環境的にも心理的にも与えられるということでもあり、
その結果、誰もが「それ」になるともいえる、とも言え……。
その可能性を当てはめて読み直しているところです。

なんだか、ちょっと派生して
「人のはなしを鵜呑みにしていては
楽しめないし、間違うし、真実を見つけられない。
その結果、不満を言ったり、さげすんだり、愚痴りにつながる。

それはとても、つまんないし、もったいない人生だ、
そう思ったりもしました。


ともあれ、もうちょっといろいろと「可能性」をトレースするあそびを続けて、
最終で、「では、このあとどうなるか」と、物語の未来を考えるあそびをする
楽しみがまだ残っています。
最後に再会したあの人が、何を語るのか、どう行動するのか、
そして、真犯人(と私が目する人)は次に何をしようとするのか。


この一冊でたぶん、私のペースではまだ何年か楽しめるなあ。
反芻して楽しめる本に出会えて、しあわせです。
emix | | 05:52 | comments(0) | - | - | - |
1/30PAGES | >> |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH