続・10月9日に読み始めると味わい深い本。

10月9日に読み始めると味わい深い本。
http://blog.emix-express.com/?eid=336
の、続き。

おもしろいよなあ、読んだ人まわりにいないし
ネットの感想を見てみよう、と思って検索したところ、
あれれ、案外印象の違う人が多い、とびっくり。
いわく、「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」
などなど。

一瞬むっとして、あ、と思った。
そして、作者のにやりとした笑いが見えた気がした。
そうか、そういう作品か。

たぶん、この物語の読後に感じる「こわさ」の本当のウェイトは、
猟奇的な事件やそういうことを行う人間の存在のほうではなく、

作中で「謎を解明していく謎解き役」である式部さんが感じる
「この島の人間は、決して余所者に本当のことを言わないのだ」
という思い。そして、彼はそれを感じたはずなのに
表面上では、ちゃんと島の人と会話は成立していく=
そこそこのコミュニケーションはとれていく中で、
「いつのまにか彼らの言うことを信じていた」という
「何が本当かわからない」という、感情の「迷子感」

…のほうにあるのではないかな、と思います。

そして、その「不信」の関係は、
島の人と余所者(式部さん)という関係だけでなく、
登場人物たちと読者たる自分、の関係にまで広がっていく。

終盤、とある、第二の謎解き役である島の人によって語られる、
「これは確定事項で疑念をさしはさむ余地はありません」という言葉、
「本人の証言を待たなければわからないことを訊ねないでください」という言葉。

もちろん、「事実」として作者が書き記す内容に嘘があることはない。
だけれど、「この登場人物の推理が正しい」と、どうして私たちは信じてしまったのか?
そこに、信用に足る根拠はないことに気づかされる。


そしてもうひとつ、「罪と罰の辻褄が合ってしまうとそれ以上考えなくなる」という
心理装置の存在。それを「余所者」としてはじめはおかしいと思っていた式部さんが
それに思い切り巻き込まれることで、同じ場所にはまってしまうこと。

同じく、第二の謎解き役による、
「すべての条件を満たす犯人はこの人しかありえません」という推理。
しかし、その「犯人」は、この第二の謎解き役の人の知らないところで
犯人が言うはずのないことをぼそっと言っているシーンがある。


それによって、「犯人はこの人で、トリックはこういうこと」と示されたものが
「謎とトリックの辻褄が合っただけで、それが真実とは断定できない、と気づかされる。

これらのことによってラスト、すべてが解決したと思ったところで
「信用できるのは、自分がちゃんとした観察眼で判断したこと、自分が直接見聞きしたものだけなのだ」
という振り出しに放り出されてしまう。カタルシス据え置き。


だから、ネットで見かけた「違う印象」は、ある側面から、正しい。

「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」

そう。もっと面白いはず。……だって「最後」までまだ読んでいないのだから。
犯人が簡単にわかった、意外性がない。……うん、そこ、ひっかかる。
推理に無理がある、トリックの必然性が薄い……「謎解き役」が語る推理が正しくない、
トリックが正しくないとしたら?
だってそもそも式部さん、「自分は探偵みたいなことをしているけれど、探偵じゃない」と
最初から自分の立ち位置を明らかにしているわけで、ここでも「振り出しに戻される」感。

と、いうことなのだと感じます。
おもしろい。うおお。

もう何度読み返したかわからないくらいですが、
今のところ、私の中で「第一の犯行」の犯人と「第二の犯行」の犯人は別の人で、
第一の犯人はあの人で、第二の犯人は、その人をずっと観察していたあの人で。
その仮定の上、そもそも、謎の基盤となっている「黒祀」の
「語られていない部分」を探し出して補完しつつ、
まだ、ゾクゾクしながらこの本を楽しんでいます。

今のところの最大のゾクゾクは
「この祭祀のありかただと「それ」が重複して存在する時代があり得、
その結果「それ」が野に放たれる可能性がある」というところ。
また、この家に生まれたときに「それ」のことを聞かされるわけで、
ある意味、とある衝動への免罪符を環境的にも心理的にも与えられるということでもあり、
その結果、誰もが「それ」になるともいえる、とも言え……。
その可能性を当てはめて読み直しているところです。

なんだか、ちょっと派生して
「人のはなしを鵜呑みにしていては
楽しめないし、間違うし、真実を見つけられない。
その結果、不満を言ったり、さげすんだり、愚痴りにつながる。

それはとても、つまんないし、もったいない人生だ、
そう思ったりもしました。


ともあれ、もうちょっといろいろと「可能性」をトレースするあそびを続けて、
最終で、「では、このあとどうなるか」と、物語の未来を考えるあそびをする
楽しみがまだ残っています。
最後に再会したあの人が、何を語るのか、どう行動するのか、
そして、真犯人(と私が目する人)は次に何をしようとするのか。


この一冊でたぶん、私のペースではまだ何年か楽しめるなあ。
反芻して楽しめる本に出会えて、しあわせです。
emix | | 05:52 | comments(0) | - | - | - |

10月9日に読み始めると味わい深い本。

本は、作中時間と合わせながら読むと、
肌で感じる気候や空気がシンクロして味わい深い気がします。

ちょうど、小野不由美の「黒祀の島」。
作中時間は10月9日にはじまり、
時系列どおりにすすみ、1週間くらいで最後に至る。

ちょうど、今の予報を見ていると、天気も近いものがあり、
この作品の「怖さ」がリアルに味わえるかもしれません。
可能であれば、島、もしくは海の近いところで読めばさらに近づくけど、
まあそれは難しいな、と思うのだけど。
日を合わせてゆけば、少しずつ読めて時間も作りやすそうだし。

日付とページ数、ちょっと確認してみた。

10/09 p005-043(038)
10/10 p043-068(025)
10/11 p068-095(027)
10/12 p095-202(107)
10/13 p203-257(054)
10/14 p258-337(079)
10/15 p338-366(028)
10/16 p367-402(035)
10/17 p402-420(018)
10/18 p420-474(054)
10/19 p474-479(005)

※カッコ内はページ数

毎日1日ぶんずつ読むにはおおむね少ないくらいなので、
負担はない(むしろ物足りない)くらい。

ゆっくりじっくり読書を味わいたい方、
よろしければご一緒にどうぞ。

emix | | 20:08 | comments(0) | - | - | - |

タマシイ、ダッシュツセイコウ

本の名前を書いてしまうと
これから読む人が見ちゃったときにアレなので
伏せておきますが、
あるものがたりのラストシーンの
おばあちゃんから孫へのメッセージ。

これは「救い」の解釈ではなくて
ただの「ほんとう」だったのだと不意に実感した
お通夜の夜でした。

理解したかったのに、長らく完全に理解できていなかった
アイヌのかたがたの死生観が、意識に交わってきた日。

漠然ととらえていた
死にまつわることばの意味が
「まさに」と腑に落ちた。

nakigara は、やっぱり、
からっぽのうつわ だったのでした。

それと対面したうえで、それでも笑顔をイメージできていたのが
たぶん、この答えだと思うのです。

emix | | 07:29 | comments(0) | - | - | - |

山本文緒さんの短編集に見る、「悪人正機」の構造。

(タイトルがなんだか大仰になりました)

個人的な感想ではあるのだけど、
女のひとの書く、女性が主人公の本は
私にはにがてなことがおおくて、
あまり好んで読まないのだけれど、
そんな中で苦手感を感じない作家さんが数人いて、
そのうちのおひとかたが、山本文緒さん。

女性独特の、ネガティブとも思える
性(さが)のぶぶんを、生々しくえぐりだしながら、
それが、後味のわるくない、いい着地をしていく。

このかたの短編集の中には、
理不尽な思いを抱えたり、無神経なことをする女のひとたちが何人も出てくるのだけれど、
(自分にも重なるところがある……)
それでも、ものがたりの最後には、ちゃんと「救い」がある。

その構造に、ほっとしたり、はっとしたりしながら気付いたのだけど、
これはつまり、あれじゃないか。「悪人正機」。

勧善懲悪と、対極にあるもの。


悪人を懲らしめない、
因果応報の輪から抜け出す救い。


目かどこかから、ウロコ的ななにかが
ぽろぽろと落ちた感覚です。
「女性観」をもう少し、私は追求して知るべきだな、と思いました。


(そういえば、「教祖」に女性が少ないのは、なんでだろう?)


----
(いくつか読んでの感想ですが、そのうちの一冊をご紹介)
emix | | 19:09 | comments(0) | - | - | - |

朝日ヶ丘文庫。

忘れないように、mixiでつぶやきながら帰ってきたこの日。
(mixiからの修正転載です)

行って来た先は、私設文庫「朝日ヶ丘文庫」。
個人がやっているもので、絵本や児童書をあつめていて、
自宅玄関先に本棚を置いてずらりと並べてある。
開いている日は、玄関先にちいさな旗を出して「あいてるよ」とお知らせ。
それを見た近所のこどもたちが、本を読みに来たり、借りに来たりする。

で、この本棚をちょこちょこ見ていたら、
なんとも、いい、古いものが、たくさん。
角のとれた本。日焼けした本。すこしやぶけた本。
らくがきや、おおきなやぶれは、ない。
きっと、何代ものこどもたちが、大事にこの本を読んできたんだろうな。

とても全部は読めないので、
いくつか、なんだか引きを感じるものを、拾い読み。

……ぜんぶの本を読めないのが、もどかしいくらい、
それだけでも、いいものばかりだった。

かけあしで、紹介。

「さっちゃんのまほうのて」
すごく直球に、目をそらさずに、「障害」に向き合う主人公と、
親と、先生と、まわりの友人たちのはなし。さし絵も、ストレート。
「目をそらさない」それが、障害の問題を解決するための
キーワードだと、この絵本の存在でもって、示していると思った。

「スーホの白い馬」
なつかしさに手にとって、そんでたまらず落涙。
子どものころは「いくら死んじゃったからって、いつも一緒にいたいからって、
ばらばらにして、皮や骨まで使って楽器(馬頭琴)にしなくても」
と思ったけれど、この本がほんとに伝えたいことはそこじゃないのだと解った。
子どものときは行間読めてなかったんだなぁ。
復讐はしない。でも「大事な存在が殺されたこと」は、
絶対に忘れない。無駄にしない。そして、武器より楽器を。
……そういうことだ、きっと。


「じごくのそうべえ」
田島征彦(たじま・ゆきひこ)さんの本。
精密ではなくざっくりした絵柄なのに、
実物がリアルに想像できる情報量を蔵している。そして生々しい。
これは、落語「地獄八景亡者戯」の一部の絵本化。
(NHK連ドラ「ちりとてちん」での長いアレ)。
ちょうゆかい。落語と絵本って相性いいかもと思った。

「てんにのぼったなまず」
同じく田島さんの本。タイトルからは思いがけず、
昔の日本の、地震&津波がモチーフの話。
津波で壊滅、潮をかぶって農業も絶望的だった土地に
地震の後の大雨で崩れた山から土の恵みがもたらされ、まちは復興してゆく。
支配者であるさむらいたちは民を助ける力を持たないが、
自然はそこに住む民たちを立ち直らせた。
コレがメインテーマな話じゃないけど、今はそこを拾ってしまった。
ああ、童話の底力。
……それにしても、原発災害がなければ、津波でまちが壊滅しても、
「この本で、やりなおす希望が持てたのに」と、つらい。
気に入りすぎたので、アマゾンで注文しちゃいました。
読みたいかた、いましたら声かけてくださいな。

「原爆の図」
製作・丸木美術館。原爆投下後の広島・長崎の街中のようす。
モノクロの細密なイラストで、写実的ではないけどリアル。
その場で自分も見たような錯覚に連れ去られる気迫がある。
そしてこの本の真の迫力は後半、南京大虐殺、アウシュビッツ、
沖縄戦、水俣などにまで言及(絵だから描及?)するところ。
ほんとうの問題は、原子力爆弾とか戦争とかじゃない、
それを使い、引き起こす「人間の意志」だということを示唆していると感じた。
「ピカは人が落とさにゃ落ちてこん」。そうだ。
戦争は「起こる」んじゃない、ひとが「起こす」のだもの。

丸木美術館、調べてみたら、かなりぐっと惹かれるところでした。
埼玉県。こんど上京するときにぜひ行きたい。

原爆の図 丸木美術館
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

私はほんとにどんどん忘れてしまうので、
忘れないうちに、ことばにしておきました。

こんだけ書いたら、そうそう忘れまい。
そして、もしも忘れても、誰かが思い出させてくれるだろう(笑?)。
emix | | 21:11 | comments(0) | - | - | - |

本について

読んだ本のレビューや感想などを書いていくとこ。
基本的にマイナー路線の本を好む傾向があります。どうして自分がいい本だ、って思う本はマイナーなんだろうねえ。それらの本を「いい」と思う自分の感覚は少数派に属するのかと思うとちょっとさびしい。
emix | | 18:52 | - | - | - | - |
1/1PAGES | |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH