<< 機能美ならぬ…… | top | 死を想う。 >>

食について。

とつぜんですが、肉がすきです。魚もすき。
野菜も好きだけど、でもやっぱり肉や魚はおいしい。
肉食もする雑食動物の性からだろう。仕方ない。

なので「動物を殺すのがかわいそうだから、菜食で」という
主張には、少し違和感を持って生きてきた。

たしかに、獣の場合、
あたたかい体温を持つ、毛の生えた、
人間と共通項の多いいきもの。
魚だって、ぴちぴち動いて、口もぱくぱくする、
ほ乳類な人間とは、多少いきものとしての距離はあるけれども、
人間と同じいのちだ、という実感を持ついきもの。
ころすのに抵抗があるのは、否めない。

いきものがころされる。しぬ。
それをかわいそうと思うのも、本能だ。

だけど、それでも、食べると、……おいしい。
これも同様に、否めない、動物・人間の本能。

ころしてごめん。でもおいしく食べます。
そうとしか言えないから、

「いただきます」
「ごちそうさま」

という食前のあいさつの習慣が
生まれ育ったのだ。……と、思う。

諸説あるようですが、わたしは、浄土真宗の関係のとこで聞いた「いただきます」の意味、
「ほとけさまの慈悲と、いきもののいのちと、調理してくれるひとによって
この恵みをいた
emix | 食べもの | 18:34 | comments(0) | - | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH