<< ボランティアについて(受ける側のこと) | top | 何を思うかではなくて、何を言うかで。 >>

「○○か何か、□□するもの」。

ふと。
「○○か何か、□□するもの」という言い方は、便利だなあと思う。
例えば、「シャーペンか何か、書くもの貸して」と言うとき、
とてもわかりやすい。

「何か書くもの貸して」だけだと、
油性マジックとかチョークとか色ペンとか、
「自分の欲しかったものとはほど遠い筆記用具」を
出してもらえてしまうかもしれない。
また、筆記用具ではなく、紙やメモなどの方を
出してもらえてしまうかもしれない。

そこで「ごめん、紙はあるんだ。メモをとりたいから、
シャーペンとか鉛筆とか、あれば借りたい」と
重ねて言わなければいけなくなる。
せっかく出してもらったものも断ることになる。


「書く(ための)もの」という使用用途と、
「シャーペン」という具体例から
筆記用具の方であること、
「メモをとりたい」という目的、
かつ、選べるなら一番望ましい筆記用具は
「シャーペン」である、ということが示されている。

フランクな、はなし言葉のわりに
いっぱい情報がつまってて便利だなあ、と思って。


……うとうとしていたら、ふと頭に浮かんだので、
メモしてみました。

emix | 表現 | 07:14 | comments(0) | - | - | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH