<< あいまいな日本の私。 | top | カラオケ撲滅委員会(隠喩)。 >>

頭でなく、体で。

日本のあちこちを旅したり住んだりしてから、
やっぱり育ったとこがなじむなと思う。

ともだちの住まいを訪ねて地元のあちこちに出かけてみて、
やっぱりじぶんちの身近な環境がなじむなと思う。

親の出身地や、自分の行動パターンから憶測するルーツとか考えたら
明らかに今いる「ここ」は、
ずっと代々住んできた土地でも環境でもないのだけれど、
それでも私の体じたいは「私はこの場所で大きくなったのだ」と
肯定するスタンスでいるのだなと感じる。

心はいろいろ考えたり解釈したり判断を加えたりと、
忙しくかつ我儘なのだけれど、体はとてもシンプルで正直。
「反応」がことばの代わりで、全てを表現している。

もっと体の言うことに耳を傾けないとな、と思ったのでした。


何らかの選択肢のなかでこの土地を選び、
そしてここで生きようと決めた先祖が実在し、
そしてその遺伝子は間違いなく私の一部を構成している。

長い目で「自分」を見ようとし過ぎて、
「直近の先祖」が
とーちゃんとかーちゃんであることを
うっかり失念するのです。馬鹿だなぁ。
emix | 雑記 | 09:02 | comments(0) | - | - | - |
Comment










03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH