<< 10月9日に読み始めると味わい深い本。 | top | 軽々と訪れる死、その命の「軽くなさ」。 >>

続・10月9日に読み始めると味わい深い本。

10月9日に読み始めると味わい深い本。
http://blog.emix-express.com/?eid=336
の、続き。

おもしろいよなあ、読んだ人まわりにいないし
ネットの感想を見てみよう、と思って検索したところ、
あれれ、案外印象の違う人が多い、とびっくり。
いわく、「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」
などなど。

一瞬むっとして、あ、と思った。
そして、作者のにやりとした笑いが見えた気がした。
そうか、そういう作品か。

たぶん、この物語の読後に感じる「こわさ」の本当のウェイトは、
猟奇的な事件やそういうことを行う人間の存在のほうではなく、

作中で「謎を解明していく謎解き役」である式部さんが感じる
「この島の人間は、決して余所者に本当のことを言わないのだ」
という思い。そして、彼はそれを感じたはずなのに
表面上では、ちゃんと島の人と会話は成立していく=
そこそこのコミュニケーションはとれていく中で、
「いつのまにか彼らの言うことを信じていた」という
「何が本当かわからない」という、感情の「迷子感」

…のほうにあるのではないかな、と思います。

そして、その「不信」の関係は、
島の人と余所者(式部さん)という関係だけでなく、
登場人物たちと読者たる自分、の関係にまで広がっていく。

終盤、とある、第二の謎解き役である島の人によって語られる、
「これは確定事項で疑念をさしはさむ余地はありません」という言葉、
「本人の証言を待たなければわからないことを訊ねないでください」という言葉。

もちろん、「事実」として作者が書き記す内容に嘘があることはない。
だけれど、「この登場人物の推理が正しい」と、どうして私たちは信じてしまったのか?
そこに、信用に足る根拠はないことに気づかされる。


そしてもうひとつ、「罪と罰の辻褄が合ってしまうとそれ以上考えなくなる」という
心理装置の存在。それを「余所者」としてはじめはおかしいと思っていた式部さんが
それに思い切り巻き込まれることで、同じ場所にはまってしまうこと。

同じく、第二の謎解き役による、
「すべての条件を満たす犯人はこの人しかありえません」という推理。
しかし、その「犯人」は、この第二の謎解き役の人の知らないところで
犯人が言うはずのないことをぼそっと言っているシーンがある。


それによって、「犯人はこの人で、トリックはこういうこと」と示されたものが
「謎とトリックの辻褄が合っただけで、それが真実とは断定できない、と気づかされる。

これらのことによってラスト、すべてが解決したと思ったところで
「信用できるのは、自分がちゃんとした観察眼で判断したこと、自分が直接見聞きしたものだけなのだ」
という振り出しに放り出されてしまう。カタルシス据え置き。


だから、ネットで見かけた「違う印象」は、ある側面から、正しい。

「もっと面白いと思ってた」
「犯人が簡単にわかった、意外性がない」
「推理に無理がある、トリックの必然性が薄い」

そう。もっと面白いはず。……だって「最後」までまだ読んでいないのだから。
犯人が簡単にわかった、意外性がない。……うん、そこ、ひっかかる。
推理に無理がある、トリックの必然性が薄い……「謎解き役」が語る推理が正しくない、
トリックが正しくないとしたら?
だってそもそも式部さん、「自分は探偵みたいなことをしているけれど、探偵じゃない」と
最初から自分の立ち位置を明らかにしているわけで、ここでも「振り出しに戻される」感。

と、いうことなのだと感じます。
おもしろい。うおお。

もう何度読み返したかわからないくらいですが、
今のところ、私の中で「第一の犯行」の犯人と「第二の犯行」の犯人は別の人で、
第一の犯人はあの人で、第二の犯人は、その人をずっと観察していたあの人で。
その仮定の上、そもそも、謎の基盤となっている「黒祀」の
「語られていない部分」を探し出して補完しつつ、
まだ、ゾクゾクしながらこの本を楽しんでいます。

今のところの最大のゾクゾクは
「この祭祀のありかただと「それ」が重複して存在する時代があり得、
その結果「それ」が野に放たれる可能性がある」というところ。
また、この家に生まれたときに「それ」のことを聞かされるわけで、
ある意味、とある衝動への免罪符を環境的にも心理的にも与えられるということでもあり、
その結果、誰もが「それ」になるともいえる、とも言え……。
その可能性を当てはめて読み直しているところです。

なんだか、ちょっと派生して
「人のはなしを鵜呑みにしていては
楽しめないし、間違うし、真実を見つけられない。
その結果、不満を言ったり、さげすんだり、愚痴りにつながる。

それはとても、つまんないし、もったいない人生だ、
そう思ったりもしました。


ともあれ、もうちょっといろいろと「可能性」をトレースするあそびを続けて、
最終で、「では、このあとどうなるか」と、物語の未来を考えるあそびをする
楽しみがまだ残っています。
最後に再会したあの人が、何を語るのか、どう行動するのか、
そして、真犯人(と私が目する人)は次に何をしようとするのか。


この一冊でたぶん、私のペースではまだ何年か楽しめるなあ。
反芻して楽しめる本に出会えて、しあわせです。
emix | | 05:52 | comments(0) | - | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH