<< 軽々と訪れる死、その命の「軽くなさ」。 | top | IEが「プログラムのアンインストール」からしにくくなっている件。 >>

ほねおしみ。

更新ストップに特にネガティブな理由はなかったのだけれど、
ふと見返したら、さみしい系の記事で止まっているのはよくないな……と思って、少し、更新。
さみしいことはあったけど、それはそれとして、いいこともいろいろあるのでげんきです。


ほぼ日刊イトイ新聞、昨日の「今日のダーリン」。
この方の書く文章はいつもとてもすきなのだけど、
何がいいのかとぼんやり考えてたら、つまり、
「人を動かしてやろう」というシタゴコロが見えないからなんだな、と思いました。

「言葉を素直に聞けるくふう」。
いいものの中にあるのは、テクニックよりもマインドで。
結局、人と人との対話と同じことだなあと。

「骨惜しみしない」ということばが
とても魅力的に見えた日。


-------

・なにを、どうすればうまくいくのか?
 いろんなことで、よく質問されます。

 ぼく自身の、なにがどううまくいっているのか。
 それとも、なにかがどんなふうにうまくいってないのか。
 あんまり意識してないような気がします。
 ただ、ぼくも「うまくいってる」ものに興味はあります。
 だれだって、そうでしょう。

 いまイチロー選手が、ヒットを打ち続けています。
 ここ何年かのトンネルを抜け出たみたいです。
 どういうことで、そうなったんだろう。
 いやもっともっと遡れば、
 イチローという選手はどうしてイチローになったのか。
 みんなが知りたがってきたし、多くの人たちが、
 それぞれにいろんな答えを想像してきています。
 
 ある業種のある会社が、とてもうまくいっている。
 同じように見える別の会社は、うまくいってない。
 また別の会社は、どっちとも言えないような感じ。
 だれだって思いますよね、どうしてなんだろう。
 うまくいっている会社にあって、
 他の会社になかったものとはなんだろう。
 それをタネにして、ビジネス本がたくさん出ます。
 
 あるいはまた、すっごくモテてる人がいます。
 そうでもない人とか、モテない人もいます。
 モテてる人は、どうしてモテてるのか。
 そういうテーマの雑誌やら書籍やらも、山ほどあります。
 
 いろんな局面で人は、だれがどうしてうまくいったのか、
 ひっきりなしに考えてきているのです。
 その推理や想像そのものが愉しみでもあるし、
 そのことがわかったら、じぶんもうまくいきそうですし。
 
 ずいぶん長い前置きをしましたが、ぼくはもう、
 わかったと言っていいんじゃないかと思うのです。
 これが鉄則だと思いますし、これでいいんじゃないか。
 「とにかく、骨惜しみをしないものがうまくいく」
 この一行のために、骨惜しみせずに39行ほど書きました。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
骨惜しみしないとは、すなおに、すぐに、すっとやる‥‥。 

emix | 雑記 | 06:10 | comments(0) | - | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH