<< 石牟礼道子さん追悼。 | top | かごめかごめ >>

感情は消せない。

タイトルどおり。
「感情は、消せないな」と思った。
怒り、悲しみ、その他なんだかんだ、
ときおり激しい感情に心が占有される。
そんなとき、「怒っちゃダメだ」「泣いてちゃダメだ」と思って
その感情を、抑える。
……でも、「その感情を抑える」ことは、
「感情をなかったことにする」ことには
絶対まったく、ならないのだ。
感情に於ける質量保存の法則、と思っている。

飛躍して、「式神」のことを思う。
術者が第三者に向けて式神を攻撃手としてさしむける。
成功すれば相手を倒すなり何なり、できる。
でも失敗したとき、式神は術者のところに帰ってきて
術者を攻撃することになる。
人を呪わば穴二つ、というか
それだけの覚悟がないと式神を使うことは
難しいのだ、とかそんな話だと思っている。

で、「感情」。
感情も、この式神と一緒で、
「その力のやり場を失ったとき、
消えるのではなく、ほかに代替するのだ」
と思う。

怒ったとき、その怒りを押し込める。
でも、怒りの力はなくなることがない。
それは別の形になって何かに向かい、
「代わりの何か」を傷つける。
誰かに対する八つ当たりだったり、
物に対する破壊衝動だったり、
自分に対する自傷だったり。

悲しみだって一緒だ。
「怒り」よりわかりやすい形ではあらわれないけれど、
押し込められた悲しみは、他の何かに別の形で代替する。
大掃除をはじめる、とか、仕事に熱中する、とか、
そういう「代替」に、そういえば覚えはある。

代替することが、よくない、とはいわない。
そのほうがいいことも、あるだろう。
敵討ちみたいなことで代替してしまうのは、
みんながみんな、辛すぎる。
誰にも彼にも、不幸を招く。

大事なのは、自覚だ。
「私はこの怒りを、これに代替している」
「私はこの悲しみを、これで代替している」
そう自覚的に行えば、激しい感情は代替によって
昇華し、消え去ることができる。
ちゃんと整理し、コントロールすることができる。

それらが構造的につくられてきたものが、
「お葬式という儀式と様式」であったり
「裁判」とかであったりするのだろうと、思う。

どうしようもないものは「代替」によって
昇華するしかないけれど、
人に不幸の連鎖を生まないものであれば、「代替」などしないで
シンプルに「そのまま消化」するのがいちばん。

いちばん根源的で個人的なものが、
「泣きたいときは、泣く」
「怒りたいときは、ちゃんと伝える」
という行動なのだろうと思う。

消化も昇華もしきれないものを蓄積していくと、
ちいさな式神たちが巨大なばけものになって
自分を食い尽くしたり、人を凶暴に害したりするのではないか。

それが自殺であったり、無差別殺戮であったり。


……世界平和のためにできる
「ひとりひとりの小さなこと」とは、
自分の感情を素直に受け止める、という
とてもシンプルなことの継続なのだろう。きっと。

「怒りや悲しみは水溶性」というようなことを
とある女優さんが言っていたので、
ひとしきりめそめそしたあとは
お風呂で水に溶かしてくることにします。

睡眠とお風呂こそは、日にち薬の正体だと思うところ。
睡眠だけじゃ何か足りないのだよね。


emix | 表現 | 09:45 | comments(0) | - | - | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH