<< 感情は消せない。 | top | 訊けないから考えるしかないのだけれど。 >>

かごめかごめ

「かごめかごめ」の歌詞がコワい意味だ、というはなしは
前々から聞いていたものの、いまいち「どこがどうコワいか」は
わからないままにしてた。

ふと気になったので、ちょっと考えてみることにする。

 かごめかごめ の歌詞。
 ----------
 かごめかごめ
 かごのなかのとりは
 いついつでやる

 夜明けの晩に
 つるとかめがすべった
 後ろの正面だあれ
 ----------

ネットで見ると諸説あり、
何故か「めでたい歌だ」という
裏をかきすぎてへんちくりんな牽強付会説も出てきたけど、
やっぱり、これは何であっても「めでたくはない」だろうなと思う。
縁起のよい生き物の象徴である鶴と亀がすべった、なんて歌詞をつくる心理に
「おめでたい意味を隠す」なんてものがあるはずはない、たぶん。

まずこの歌詞をながめて思うのは
「意味がよくわからない」こと。
そこから読みとれるのは、
「ダイレクトな言い方で表現できない何かをかかえており、
それを言いたいが、言うことを何らかの理由で許されず、
暗号的に記録した」ということではないか。
……ま、個人的な印象なので、これが正解だ、なんてことは思わないのだけど。

そして、もうひとつは
「童謡のスタイルをとっている」ということ。
理由のないことではないだろう。
この歌詞を、童謡にのせた意図は、
「真逆なものなので、あどけないものの中に隠したい」
「子どもに覚えさせて、残したい、または大人に伝えたい」
そんなことだろうと、想像する。


で、「言いたいけど言えない」ことについて考えてみる。
人がダイレクトではない、遠まわしな言い方をするとき、
そこには必ず「気付いてほしい」という意思が介在する。

その意思の中で一番大部分を占めるものは「たすけて」だ。
次にあるのは「うらんでいます」あたりか。

この歌には「つるとかめがすべった」という
非常に縁起の悪い、悪意すらある表現がある。
だからたぶん、「うらんでいます」が強いだろうと想像する。

そしてさらに、「夜明けの晩」「後ろの正面」という
「あり得ないさかさま表現」が並べられている。
これはたぶん「額面通りに読まないでくれ」というメッセージだ。

また、

 かごめかごめ
 かごのなかのとりは
 いついつでやる

という前半と、

 夜明けの晩に
 つるとかめがすべった
 後ろの正面だあれ

という後半は、情報の種類が違う。

後半はたぶん、「読み方」だ。
そして前半は「本文」。

後半に込められたヒントから、
前半の文意を読む。

……さて、どうなるか。

というところまで考えて、続きはまた今度。





emix | うた・音楽 | 11:54 | comments(0) | - | - | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH